Truk Ocean Service

トラック・オーシャンサービス

チューク諸島について


チューク諸島の概要


チュークはミクロネシア連邦に属しています。
正式名称は、
   FEDERATED STATES OF MICRONESIA(FSM)・
    CHUUK STATE
  です。
トラックとも呼ばれています。

トラック環礁を中心に、直径600kmの海域に散らばる島々の集まりで、 環礁外の遠くの島々にも沢山の人達が住んでいます。


スペインのミクロネシア支配時代から始まり、ドイツ15年間、日本33年間、アメリカ32年間、 の外国支配を経て1979年、ミクロネシア連邦として正式に独立しました。
首都のあるポンペイ州の他にヤップ州、コスラエ州、チューク州、の4州で構成されています。
国連の承認も得て日本との国交もあります。 現在は東京にミクロネシア大使館、ポンペイに日本大使館があります。


チューク州の人口は約6万人、グァムを除いたミクロネシア地域で最大の人口となっています。中心はモエン島(春島)です。
トラック環礁内にある島でチュークの様々な機関がこの島に集中しており、飛行場やホテルもこのモエン島にあります。
面積は約20平方kmで、小笠原の父島とほぼ同じ大きさです。


日本時代はデュプロン島(夏島)に海軍の基地が置かれ、その時の艦船群が環礁内に数多く沈んでいます。 現在、それらの沈没船は海底博物館に指定され、州政府によって厳重に保護・管理されています。
チューク諸島は、世界の沈船ダイビングのメッカとなり、アメリカの「世界のダイビングスポット・ベスト10」にも選ばれました。
今日では世界中から数多くのダイバーが集まってきます。


トラック環礁内には、100近くの無人島があります
その中で人が住んでいるのは、約20島、あとは全て無人島です。
環礁内ではこのような無人島や浅瀬、サンゴ礁などが無数に点在しており、 ダイビング、シュノーケリング、フィッシング、ボートツアーなど、 数多くのアクティビィティーを、訪れる人達に提供してくれています。


エア・フライト
インフォメーション


日本からチュークへの直行便はありません。
いずれもグァムからの乗継便になります。
グァムからチュークまではコンチネンタル航空で1時間45分のフライト、
コンチネンタル航空の「日本⇔グァム」間は、下記の空港から就航。
札幌(新千歳)・仙台・東京(成田)・新潟
名古屋(中部)・岡山・広島・福岡


その他、日本航空、全日空をグァムまで利用する方法もあります。

GUAM → CHUUK のフライトスケジュール

 月曜・金曜

GUAM発08:20AM → CHUUK着10:04AM
 水曜
GUAM発09:20AM → CHUUK着11:04AM

 ・日本からGUAM到着後、1泊あるいは空港待機が必要
 ・荷物はGUAMでPICK UP

 日曜

GUAM発19:45PM → CHUUK着21:35PM

 ・日本からGUAM乗継ぎでその日の夜に到着
 ・荷物はスルーでCHUUK受取り

 チューク国際空港

CHUUK → GUAM のフライトスケジュール

 火曜・土曜

CHUUK発14:21PM → GUAM着15:15PM
 木曜
CHUUK発14:04PM → GUAM着15:35PM

 ・GUAM到着後、1泊が必要
 ・荷物はGUAMでPICK UP

 月曜

CHUUK発02:40AM → GUAM着04:20AM

 ・ホテルチェックアウトは日曜の夜中
 ・GUAMにて早朝便に乗継ぎ、その日の朝に日本到着
 ・荷物はスルーで日本受取り。



気候・時差


日本から+1時間の時差。日本が正午の時、午後1時。
チューク諸島は北緯4〜8度の間に位置し、熱帯海洋性気候に属する。
雨季乾季の差がさほど顕著ではなく、モンスーン気候の影響が強いマリアナ地域とは 若干異なる気候を呈する。
年間を通して温度差は殆ど無く、常に30度前後。
12〜4月にかけては、北東の貿易風が強く海が荒れやすい。
6〜10月にかけては貿易風が弱くなり海も穏やかな日が多い。
台風は北緯15度前後の海域で発生し西進する。そのため、 本来は台風被害の少ない地域だったが、近年になり年に2〜3回の割合で、 台風に襲われるケースが増えてきている。

雨量は年間約3500mm前後。


銀行・通貨


ミクロネシア連邦内の通貨はUS$、日本円は使用出来ません。
グァム銀行にて、日本円からUS$への両替は可能ですが
交換レートが高いので日本で両替しておく事をお奨めします。
US$から日本円への両替はできません。
また、どのホテルでも両替は不可能です。

BANK OF GUAM

グァム銀行チューク支店
営業時間
月曜〜木曜  09:00〜15:00
金曜     09:00〜17:00
土・日・祭日は休み



郵便局
(ポストオフィス)


港近くの中心街にある。
貝や熱帯魚、鳥などのローカル色溢れた切手もあり、
収集家には一見の価値アリ

営業時間:月〜金曜日 08:00〜16:00
    土・日・祝日休み


交通・タクシー


海にも陸にも公共の交通機関は全くない。
タクシーはモエン島の北側と西側の道路がある部分に走っているのみ。
全てが個人のタクシーで、電話も無線も料金メーターも無い。
乗り合い制で1人いくらの料金。1人ずつ料金を払う。
距離にもよるが、1ストップに付き1人1〜2ドル位。
朝7〜17時頃まで島内を流しているのでそれをつかまえて利用する。
電話では呼べない。夜間は無い。日曜日・祝日は少ない
モエン島の一周道路は無い。


電気・電圧


電圧は110V、ソケットは二股平ピン、停電が多く電圧も一定ではない。
通常ツアーでは支障ないが、長期滞在は変圧器を使用した方が賢明。
ホテルはドコでも発電機を備えているので、停電に対する心配はない。


土産品・民芸品


土産品店は、ホテル売店と港の市場付近、そして空港前にと小さなお店が2〜3軒あり、 木彫りを中心とした民芸品や貝殻等を置いている。
民芸品は全て手作りなので、同じ品物を大量に求める事は不可能。
その他には、ダイビングショップや衣料品店のTシャツがある程度。


注意事項・日焼対策


日焼には充分注意しましょう。
日焼止めと日焼後のローション、帽子、サングラスは必ずご持参下さい

泳ぐ時はTシャツを来て泳いだ方が良いでしょう。
日焼防止にもなりますし、サンゴから身体を守るのにも役立ちます。

ボートはオープンのボートです。
海が荒れている時は、波しぶきを浴びる事があります。
スコールなどにも備えて、ウィンドブレーカーがあると便利です。



より詳しい情報をお求めの方は、下記まで御連絡下さい



ミクロネシア連邦 沈船 ダイビング フィッシング アイランド 無人島 ファンダイブ 慰霊  観光 通訳 西太平洋 海 水中写真 海中戦跡 海底調査 海底遺跡 海外ツアー